本文へスキップ
 
スルメ天旗の作り方 

 材料 
  • 和紙(40cm×40cm以上のもの)
  • 骨材料(竹棒) 70cm/56cm各一本
  • 凧糸,凧の糸巻き
  • 定規・鉛筆 はさみ・カッター 千枚通し のり セロハンテープ
      
   
  • 新聞紙などに原寸図を書く。(40cm×40cm)
  • 和紙を新聞紙に載せて原寸図を写して切る
  • 和紙を折って基本線を決め、切込みを入れる 
  • 頂点から両肩に沿って半分、20cmのところに5〜6cmの切込みを切っておく。
   
  • 竹を幅5〜6mm、厚さ2mmほどに削る
  • 横木は70cm、縦木は56cmで左図のように組み合わせる
   
  • 横木の端と端を糸で結ぶ
  • 糸の長さが53cmになるように張って横木をしならせる
   
  • 和紙にお好みの下絵を描く
  • 和紙の裏面に竹を貼り付ける
   
  • スルメのえんぺらを残し、肩の部分をしならせた横木に貼り付ける
   
  • 色を塗り、絵を仕上げる
  • 紙・セロテープで補強する
  • 糸目をつける(糸目の長さは縦木の約1.5倍)
   
  • 糸目に糸をつなぐ
  • 紙尾をつける
  • 尾が短いと、上空で凧が不安定になるので凧の7倍ぐらいを目安にしてみましょう
  • これで、自分だけのするめてんばたの出来上がりです。
  • ルールを守って凧揚げを楽しんでください
戻る